ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

 

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

 

2014年4月閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)で

ゼロとなる住宅(以下「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成にむけたZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。

自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標(以下「ZEH普及目標」という)を掲げる工務店、ハウスメーカー、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等を「ZEHビルダー」として、公募、登録し屋号・目標値等の公表を行っています。

 

株式会社 利根川工務店はZEHビルダー登録申請を行い、以下のZEH普及目標を設定し

2020年までにZEHとNearly ZEHの割合を50%以上を目指し、実現に向けて努めていきたいと思います。
これからも、地域の発展と共に発展していきたいと思います。

ZEH普及目標          実績報告

2016年度 18%         0%

2017年度 30%         0%

2018年度 50%         0%

2019年度 60%

2020年度 70%

 

株式会社 利根川工務店

代表取締役 渡辺金夫